So-net無料ブログ作成

ヒアリは猛毒、セアカゴケグモは危険、マダニはやばい!無視できない虫~ [害虫]

ヒアリって何?ここ1~2年で急速に名が知られた蟻ですが、アリなんて

大したことないじゃんと油断せず、その不気味さは知っておいた方がいい

です。セアカゴケグモは、刺されてからの全身症状がひどく死亡例もある

くらいですので舐めない方がいいです。そして、マダニって実際に死亡

したケースもあり、身近にいるダニと違うと言われて、誰もが「えっ、

違うの?」って言う反応をします。

虫は無視!ですが、以上の3種類は無視できませんので...







ヒアリのこわさ、その痛み


ヒアリについて、あちこちで報道されていますが、実物を見た

方はあまりいないのではないかと思います。主に、大きな港周辺

で見かけるがもう巣を作っていて、どんどん繁殖している情報が


あります。また、アカカミアリの情報も~外来種の似たような

アリの上陸に、戦々恐々の港湾地区です。蜂は、スズメハチが

危なく刺されたらすごく腫れたり、アナフィラキシーショック


も考えて、早急に治療しないとマズイのは小学生でも知っています。

ヒアリやアカカミアリも、そのくらいの毒があると言ったら~

「えっ!」とか「本当か!?」と驚く方が多いと思います。


刺された方の0.5~5%が実際にアナフィラキシーショックになって

亡くなる方もいることを考えると、ちょっと変わったアリがいたら

要注意です。



セアカゴケグモって何?


もう20年くらい前になりますが、セアカゴケグモという蜘蛛が日本

に上陸してきました~見た目、日本の蜘蛛とちがってケバケバしい感じ

で、外国の蜘蛛だとすぐわかる感じのクモです。元々は、オースト


ラリアに生存していて、メスのみ毒を持ちます。体長は1センチくらい

で、攻撃性はないのでうっかりさわらない限り、問題ないです。触った

後に、いつのまにか気分が悪くなり、あれ?オカシイな、調子が変だぞ~


って、病院に担ぎ込まれてから、あああれが例のクモかって気がつくの

ですが、痛みというより神経毒ですのでジワジワ利いてきます。実際に

わざと噛まれて、その痛みや毒のようすをレポートした方の話ですが、


噛まれた瞬間はほとんど痛みがないのですが、だんだん時間の経過と

ともに痛みや麻痺がおそってくるとのことです。








マダニやツツガムシ


マダニはまず、ダニとちがうという点で気をつける必要があります。

ダニはどこでもいるし、アレルギーで多少問題を起こしますが、死ぬ

人はいないはずです。ところが、マダニは場合によっては死ぬケースも



あり、原因を特定していくと体にマダニに刺された跡が見つかる事で

はっきりします。似たような虫でツツガムシがいて、こっちの虫は

聖徳太子の時代から活動していて、手紙にも「つつがなく」と言う




言い回しが出てくるほど有名です。どちらも刺されたら、素人治療

せずに専門の病院できちんと治療して、特に患部に虫の一部が残る

ことの無いように、ざっくりえぐり取ることが基本だそうです。





野山だけでなく港や空港周辺


ヒアリはまだ、大きな港の周辺しか発見されていません。が、セアカ

ゴケグモはもう内陸部の蜘蛛のいそうな場所に、あちこち見られます。

マダニやツツガムシは昔から日本にいますが、特に草が生い茂っている



場所に多く、そうい場所に出入りする場合に長袖、長ズボンで作業を

するよう心がけることです。また、何も知らないでいると、気分が悪く

なってからかなり心配になりますが、前もって知っていればそんなに


悩まずに、すぐ病院に行って治療受ければ済みます。

◎この記事に関連する「害獣」の記事◎
伊豆の感電事故、柵の管理や安全にかなり問題あり、動物避けでなく人殺し!

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。