So-net無料ブログ作成

マスコミ対策、対決するトランプ大統領、味方にする菅官房長官、取り締まる中国~ [報道]

各国政府のマスコミ対策が、非常に興味深いです。アメリカは、

トランプ政権下では、対決姿勢を貫いていますが、これはある意味で

面白い結果がでています。

日本は、あの菅官房長官の鮮やかな対応、マスコミ各社も悪く書きたい

が、信頼関係を壊したくない意図が見え見えで、結果として長期政権!

中国では自由な報道は無く、全てが共産党政府の検閲済みです。






わざと対決姿勢で、喧嘩腰のアメリカ政府


アメリカは民主主義を徹底して、それを他の全体主義国家を支配する

手段にしています。キリスト教的民主主義やユダヤ教的自律主義は、

当然の事ながらイスラム的な戒律や寛容さとは異なります。


それでも、オバマ政権まではマスコミを受け入れて、イスラム世界も

アメリカの一員という態度を取り、それを導くという姿勢は崩しませ

んでした~


ところが、トランプ政権になってから、白人社会の根底に疼くWASP

(白人アングロサクソンプロテスタント)思想がもたげて来て、マス

コミやグローバリズム、イスラム社会を排斥した社会にしようという


復古調の姿勢が支持されました。

信頼関係を築き、リークする日本政府


日本は元々、反対勢力の不満を時の政権に対するガス抜きや要望などで

取り入れて来ました。血を血で洗う戦国時代や幕末、戦前の社会からの

反省でその後の社会では、最低限度の不満や不平が当時のメディアや


噂に載っても、基本的に放置して来ました~江戸時代は身分制度で

その不満を分散、明治・大正時代は議会政治やマスコミの批判、

戦後は野党やメディアが好き勝手に政権を批判してきました。


多少、マスコミや野党が調子に乗って与党や政府を批判しても、

それが民主主義やバランス感覚の表れであり、政権維持になって

きたのも事実です。






自由など存在しない中国政府


中国やロシアでは、ほんの少し中央政府や高官の悪口や不満を述べた

だけで国家転覆の恐れありという事で、逮捕され留置場に拘束されます。

それが、いわゆる過激派とか民族運動家だけでなく、ごく普通の


市民や一般のマスコミ関係者、下手すると地方政府の幹部や権力

闘争に敗れた反主流派までの範囲まで及びます。ネットまで、時の

政府や政権の監視下に置かれて、検閲され批判的なサイトは即閉鎖。


全体主義国家に報道の自由は存在せず、あるのは政府に都合の良い

広報機関としての役割だけです。



マスコミ操作は可能か?


時の権力者や政権が、報道機関を支配・操作可能か?というテーマは

政治家に志す人たちにとって、永遠の問題です。結果的には可能です

が、その手法や効果はバラバラであり、よく記者会見を開く政治家と


一切秘密主義で逆に叩かれる汚職議員と、どっちが鮮やか?と言えば

マスコミ受けして味方につける方が利口です。でも、トランプ政権の

ように対立してTV業界を引き上げる効果をねらうなどの、小憎らしい


演出をねらう政治家も少数いて、見た目ではわかりません。


◎この記事に関連する「報道」の記事◎
百田さんの発言、なるほど沖縄の人にとって見れば最悪、だけど民主主義か!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。