So-net無料ブログ作成

結婚ではなく、同棲や愛人関係で一生行くケースも現実にある~ [婚活]

普通、結婚って正式に籍を入れて、普通に披露宴をやるものって思っていました。

が、その人たちが亡くなって初めて明かされる事実に、仰天しました。

一見夫婦に見えて、子供もいるのに・・・実を言うと、法的には愛人関係だけ~

相手が外国人ではなく、普通に日本人同士でもです。






見た目夫婦でも、籍を入れないでズルズル行く場合


ワケありで、正式に結婚できないのに、結婚生活が続くケース多いです。

例えば、前の旦那さんが事故で行方不明で、その際にいろいろめんどうを見た関係~

で、ずるずる依存してしまった友人の方と関係を続けて、やがて子供まで。


よくドラマや映画にもなりますが、ある日行方不明の旦那さんが帰ってくるけど・・・

幸せな家庭を見て、黙ってそこをあとにして、再び行方をくらます。

そして、一生別々にくらして、死後そのワケがわかるストーリです。


実際の社会でも、それと似たなことは多く、子供たちがあとで知らされたりします。

逆に、代々親子関係が明白なうちの方が少ないという事実、なにか訳ありのおうちの方が多いです。

三人兄弟でも、実を言うと子供ころに四人だったり~


兄弟でも母親がちがっていたり、弟だと思っていたら実を言うと甥だったり・・・

親しか知らない事実、近所の人も知らないこと多いです。


子供もいるのに認知しない場合


お金持ちの人に多いのですが、いわゆるお妾さんの子供のケースです。

近頃は、そういう関係でも相続できちんと権利を主張できます。

また、シングルマザーのケースでは、経済的な理由で結婚せずそのまま。


結局、認知せずに行ってしまうので、養育権やその費用問題で母親の負担が大きくなります。

籍を入れてから産まないと、いろんな法的な手続きが必要となります。

でも、二十歳くらいで民法やお金に詳しいカップルなんていません。


一晩のお楽しみの後に、一生の償いが待っているのは男もオンナも同じですが・・・






たまたま、いっしょにくらしているだけ


近所の夫婦かなって思っていた、爺さん婆さん実は兄弟でした。

友達同士で、ずるずる結婚もせずそのまま同居って場合もあります。

子供の時って、みんな結婚しているって思い込みがあります。


が、世の中そんなに簡単ではないのに気が付きました。

従兄弟に、シングルマザーがいたり~又従兄弟に未婚の方がいます。

結婚しない自由がある時代って、逆に何で結婚したのってこれオカシイです。


片方で結婚して子孫を残して、もう片方でのんびり一生独身でいて、何も不思議がないです。

ただ私は立場上、いろんな情報やカネを手に入れて、判断できるので・・・

その事実を知ることができますが、かえって知らない方がいいこともあります。


男同士や女同士の結婚、あなたは認める?


「結婚」ではなく、共同生活契約としてならいいかなって思います。

だから、同居や協力、扶養義務はありますが・・・

性生活や子孫を増やす部分がない事を明記して、権利として始めればいいのでは?


昭和の時代は、お妾さんや後添いという慣習があり~

女性も、立場を考えての結婚外の契約がありました。

子供は勿論、大人でさえも知らされていない関係ですが、年寄は知っていました。


平成でも同性婚を認めるならば、いろいろクリアーしなければならないハードルがあります。

通常の結婚の方を上位にして、ワケありで同性婚を認めるのか?

やはり、陰の存在として違法のままなのかの判断です。


憲法で認められる人権として、性同一障害者の人権があります。

が、同性婚者の権利はまだまだ、保守層の反対があり、合法化は難しいかな?です。

◎この記事に関連する「婚活」の記事◎

結婚をはき違えている女性が多く、「幸せ」をわかっていない

タグ:同棲 認知 愛人
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。